ペットボトルカバーを編んでみた

ペットボトルカバーを編んでみた

いつもやろうと思いつつ先延ばしにしていた作業机の周りの整理を(必要に迫られて)しました。

 

すっかり忘れていたものがたくさん出てきてびっくりするやら落ち込むやら。買ったらちゃんと作らないともったいないですよね。

 

籠の中をがさごそしていたら去年の残りのサマーヤーンを発見。何か作ってみたくなって、超簡単に編めそうなペットボトルカバーを編んでみることにしました。

 

本当に簡単かつ手抜き編みなので2時間弱位で出来上がってしまいました。

 

編み方はいたってシンプル。

 

箇条書きで編み方を説明すると
1.輪を作った中にコマ編みを6目編み込み、目を増やしながらどんどん丸く編んでいく。

 

2.いいところでペットボトルをあてて、ボトルよりちょっと大きくなったなと思ったらすじ編みをして立ち上げ、まだまだコマ編みを編んでいく。

 

3.いいかげんコマ編みに飽きたら長編みに変える。すると編むペースが早くなるのでテンションも上がってきます。

 

4.ペットボトルを入れてみていい感じだったらその時の気分でふち編み(フリフリとかフリフリとか)を編んで本体の編みあがり。(ちょっと

 

フリフリ押しすぎたかな)

 

5.長編みの間にひもを通して出来上がり。

 

こんな説明で申し訳ないのですが、適当に編んでもちゃんと編みあがるのでぜひ作ってみてくださいね。
編み方などはネットでとってもわかりやすく説明されているサイトがたくさんあるのでそちらを参考にしてみてくださいね。
(自分で説明しないんだ・・・)